読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
Audi Official Blog

誰でも「未来のクルマ社会」をバーチャル体験できる方法

f:id:AudiJapan:20160721103753j:plain

皆さんは、クルマの助手席に座っている時間をどのように過ごしていますか?

きっと大半の方が、ドライバーとの会話を楽しんだり、流れる景色を眺めたり、サービス精神が旺盛な方であれば自作の音源をまるでDJのように車内の空気に合わせて流したりしながら、思い思いの方法でドライブを楽しんでいるのではないでしょうか。


そんな普段の助手席も、「ある視点」を持つだけで、あなたの助手席ライフが何倍にも楽しくなってしまう方法があるのです。今回はそんな、すぐにでも実践できる「助手席をもっと楽しむ方法」を、こっそりとご紹介します。


1. 左ハンドルのクルマの助手席に座る

f:id:AudiJapan:20160721104126j:plain

まず、この方法は「左ハンドルのクルマ」の助手席に座っていると体験しやすい、ある錯覚を利用します。知人の左ハンドルのクルマに乗せてもらった時や、新しく左ハンドルのクルマを買った時などに、このブログを思い出してください。そして、助手席に座っているだけで、その瞬間が訪れます。


2. 真っすぐ前を向けば、話題の「自動運転」をバーチャル体験できる

f:id:AudiJapan:20160721104741j:plain


左ハンドルのクルマの場合、助手席は当然右側にあります。そこで真っすぐにフロントの景色を見つめていると、普段右ハンドルを握って運転している方は「何も操作をしていないのに、クルマが勝手に進んでいる」ような違和感を覚えるはずです。その感覚はまさに、昨今話題となっている「自動運転」そのもの。
つまり、左ハンドルのクルマの助手席に座りながら、自動運転しているクルマに乗っていると思い込めば、普通のクルマでも、やがて訪れるかもしれない「未来のクルマ社会」を疑似体験できるのです。


3. ロマンたっぷりな「未来のクルマ社会」に思いを馳せる

昨今、世界の自動車メーカーは競って自動運転車の普及に向けた開発を続けており、未来の自動運転を感じさせる機能の数々が、段階的に市販車にも導入され始めています。行き先を告げるだけで目的地へ連れて行ってくれて、あなたはその間、車内でのんびりとくつろいだり、映画を見たりと自由に過ごすだけ。
そう遠くない未来には、路上を走る全てのクルマが自動で動いているのかも知れません。そんな夢のような世界へ思いを馳せながら、助手席で「バーチャル自動運転」を思う存分お楽しみください。


こうして、いつもとちょっと視点を変えるだけで、助手席は非日常なエンターテイメントに早変わりする可能性を秘めています。興味を持たれた方は、早速「バーチャル自動運転」をお試しください。そして、面白かったらぜひ周りの人にもこっそりと教えてあげてください。